NetEnum

リアライズのネットワーク用オンラインソフト
 ネットワーク調査ならコレ ≫ NetEnum  ネットワーク機器の監視をサービスプログラムで ≫ HostSonar
 ネットワーク機器の監視をGUIでわかりやすく ≫ HostSonarDolphin   Vista用ガジェットでお手軽にネットワーク機器の監視を ≫ HostSonarGadget

最新版ダウンロードNEW

インストーラ付netenum4938.exe(575KB) 2012/12/06更新 インストーラ無netenum4938.zip(340KB) 2012/12/06更新

操作方法

NetEnum操作方法
※最新の説明については添付のreadme.txtをご確認ください。

HostSonarについて

HostSonar

更新履歴

バージョン内容
4.938logファイル名が正しく表示しない不具合を修正。
4.937aReadMeファイルの中の誤字の修正。
4.937Windows2000環境で検索時にエラーが発生する不具合を修正。
4.936名前解決を行わない場合、IEバージョン取得をがチェック不可となるように修正。検索条件のタイムアウトのデフォルト値を変更。PING設定の各項目に単位を記載。
4.935ベンダ名が表示されないときがある不具合の修正。ビジュアルスタイル適用。詳細情報表示の際、ハングアップする不具合修正。
4.934時刻表示設定で世界各国のタイムゾーンを選択できるよう変更。Windows OSの表示を製品名からバージョンに変更。
4.933IEのバージョン取得。
管理者権限が無い場合のIPアドレス取得。
4.932PING不達時(ICMPエコー拒否設定等)ARPキャッシュより検出する機能を追加。ネットワークカードからの選択において無線LANのアドレスが表示しない不具合の修正。
4.931情報表示内の時間設定が、ログファイル名にも適用されるよう修正。
4.930検索条件における表示の不具合を修正。
4.929複数のワークグループを取得できなくなった部分を修正。
※複数NICが存在する場合は、ワークグループの取得方法が選択できるように改良。
4.928bWindows98で検索できなくなった不具合の修正。
4.928aWindows98で検索できなくなった不具合の修正。
4.928複数NICが存在する場合に、検索ダイアログの表示に時間がかかっていたのを修正。ベンダリスト(maclist.ini)更新。
4.927検索時にフリーズする不具合の修正。
4.926aVistaインストール時不具合の修正(インストーラ版のみの変更)。
4.926MACアドレス収集機能の強化。
4.925コマンドラインパラメータの指定順序の不具合を修正。
4.924検索日時表示機能追加。
4.923設定を別名で保存する際の不具合を修正。
4.922MACアドレス取得時の不具合を修正。
4.921IPアドレス0パディング表示不具合の修正。
グループ/ドメイン検索時に「所属」欄に所属するグループ/ドメインを表示するように変更。
4.920ドメイン・ワークグループ検索に「すべてのPC」項目、一覧のIPアドレス0パディング表示機能の追加。
4.910一覧からの右クリックによるHTTP、FTP、共有フォルダアクセス機能の追加。
4.900設定ファイル変更機能追加、引数による機能の追加。

動作環境

Microsoft Windows 7 / Vista/XP/2000/NT4.0/2000 Server/Server 2003/Me/98
※Me、98は一部機能を利用することができません。
※2000 Server/Server 2003は他のOSと同様に動作いたしますが、セキュリティ関連の制約で一部の情報の取得を行えない場合があるなど、 ご使用の環境や設定などによっては一部の機能が期待通り動作しない場合があります。

ソフトウエアの概要

各種ネットワーク情報調査
・ホスト/IPアドレス/MACアドレス/コメントの一覧作成機能
・Windowsネットワークが認識しているホストの列挙
・ワークグループ/ドメイン指定
・PINGが通るホストの列挙
・調査範囲の指定
・PING試験時のタイムアウト/TTL/スレッド実行間隔指定
・複数のネットワークカードから選択して指定
・MACアドレス/ベンダーの取得選択指定
・ログインユーザ取得
・OS種別の取得
・パケットキャプチャポートスキャン
・簡易パケットキャプチャ機能
・TCP/UDPポートの接続可否を一覧表示
・複数ホストの一括スキャン(HostSonarがレジスト済みの場合)
・NetEnumを実行しているホストの入出力パケットダンプ(バイナリ/アスキー)


ネットワーク系のコマンド実行が簡単です
・DOSコマンド/コマンド実行機能(WHOIS/ARP/IPCONFIG/NBSTAT/NETSTAT/NSLOOKUP/PATHPING/PING/ROUTE/TRACERT)
・ホスト時刻の取得(標準時/ローカルタイム)
・シャットダウン/再起動
・メッセージ送信


数々の便利機能
・ブラウザ表示(ホストへのリンクにより共有フォルダを開く)による印刷プレビュー/印刷
・一覧をクリップボードにコピーしてテキストファイルやエクセル等へ貼り付けて保存/印刷
・lmhosts/hostsファイルの編集
・lmhosts/hostsファイル対応一覧クリップ機能
・ホスト名とIPアドレスの相互変換機能
・テキストファイル内の一括名前解決
・IPアドレス値 表示形式変換(2進数/10進数/16進数/10進数逆順)
・ネットワークアドレス/ブロードキャストアドレス計算 表示形式(2進数/10進/16進数/10進数逆順)

インストール方法

インストーラ付
ダウンロードしたファイルnetenum49xx.exe(自己解凍書庫)を実行します。
解凍先を問い合わせるダイアログが表示されます(デフォルトはC:¥Program Files¥NetEnum¥)。
※解凍先フォルダがインストールされるフォルダとなります。解凍後自動的にスタートメニューへの登録を設定できるダイアログが表示されますので、任意に設定を行って下さい。


インストーラ無
ダウンロードしたファイルを解凍し、NetEnum.exeを実行します。
※NetEnum.exeのショートカットを作成し、デスクトップやスタートメニューへコピーするなどしてより使いやすくしてお使いください。

アンインストール方法

インストーラ付
netenum49xx.exe(自己解凍書庫)を実行した際に入力したフォルダ以下をフォルダごと削除するだけです(デフォルトはC:¥Program Files¥NetEnum¥)。
※デフォルトの場合はProgram Files以下のNetEnumフォルダごと削除してください。


インストーラ無
アンインストールは解凍時に展開されたファイルを全て削除するだけです。
※HostSonarをインストールした場合は予めNetEnumよりアンインストールしておいて下さい。

FAQ

Q.Windows起動時にHostSonarより、「試用期限が過ぎました...」といったメッセージが表示される。
A.NetEnumにはホスト監視プログラムHostSonarが同梱されています。
NetEnumから任意で HostSonar をインストールする事ができます。
試用開始後 1ヶ月を経過すると上記メッセージが表示されるのはこのためです。
継続してご利用の必要の無い方はNetEnumからアンインストールする事で上記メッセージは表示されなくなります。


HostSonarのアンインストールを行うには
1) NetEnumのメニューより、[ホスト監視] - [設定とインストール]をクリックします。
2) 表示されたダイアログ(HostSonarの設定)から[アンインストール]ボタンをクリックします。


Q.Windows95でNetEnumが実行できない。
A.Windows95には対応していません。


Q.NetENumからのメッセージを受信できない。
A.Windows98はポップアップサービスのインストールが必要です。
これは通常デフォルトでインストールされていまますが、インストールされていない場合は、アプリケーションの追加と削除から システムツール - ポップアップサービスにチェックしインストールします。Windowsフォルダ内にあるWinpopup.exeを実行している必要があります。
Windows2000はMessengerサービスの起動が必要です。 これはデフォルトで起動時に実行されますが、停止されている場合はメッセージを受信できません。


Q.ホスト一覧をクリップした際にクリップ内容がずれる(空欄があるとリスト上部の内容がコピーされる)
A.コモンコントロールのバグです。サービスパックを適用する事で修正されます。
※WindowsNT4.0SP6以前のバージョンで不具合が発生します。これはSP6.0aでは発生しません。


Q.HostSonarのバージョンアップが行えません。
A.一度インストールしている場合はまず、アンインストールが必要です。
アンインストール後にインストールする事でうまくいくはずです。
インストール〜アンインストール、設定の操作は全てNetEnumから操作できます。


Q.「ルート検索」を行うと、「中止しました」となる。
A.ルート検索機能を利用する場合、NetEnumを管理者モードで起動して頂く必要があります。
管理者モードで実行する方法は、以下の通りです。
※Windows Vista / 7 でのAdministratir権限の設定方法
1) ショートカット、またはプログラムを右クリックし [プロパティ] を選択します。
2) [互換性] タブの [すべてのユーザーの設定を変更](Windows 7)/ [すべてのユーザーの設定を表示](Windows Vista)をクリックします。
3) [特権レベル]セクションの[管理者としてこのプログラムを実行する]にチェックを入れます。
4) [OK] を クリックし、ダイアログボックスを閉じます。
5) NetEnumを実行します。


著作権

本ソフトウエアの著作権は株式会社リアライズにあります。
転載、及び配布は自由に行なって頂いて結構ですが、ダウンロードされた内容に変更の無いようにお願いします。 尚、転載の場合は予め、弊社までその旨をご連絡頂けますと幸いです。


免責事項

本ソフトウエアを使用した事によるいかなる損害も補償いたしません。使用者の責任においてご使用ください。
改良依頼や不具合の報告はメール又は掲示板にて報告を受け付けいたします。 尚、可能な限り改善に努めますが、不具合の修正は保証致しかねますので予めご了承ください。